Finder プラグイン (32ビット、ソース付) 検索して必要な行にブックマークを付ける

**** はじめに ****
Finder.dllはEmEditor用のプラグインです。
このプログラムは、作者が片手間に作成したものなので、
十分にテストされていません。
使用して何か起こっても作者には責任を負えません。

こんなプログラムでも、テストをしてもいいよという人
がいましたら、使ってみてください。
動作報告をメールで送ってもらえればうれしいです。

Visual C++ 6.0で作成しましたので、
実行するにはランタイムが必要です。
多分、MFC42.dllとMSVCRT.dllが必要だと思います。


**** ファイル ****
Finder.dllがEmEditor用のプラグインであるFinderの本体です。
srcフォルダには、Visual C++ 6.0で使ったソースファイル等が
入っています。

**** 使用法 ****
Finder.dllをEmEditorをインストールしたフォルダのPluginフォルダ
にコピーしてください。
Finderは、EmEditorで開いたファイルから
任意の文字を検索し、
必要な行にブックマークを付けるために使います。
EmEditor上で検索を実行するように、
開いたダイアログの「検索する文字列」とある所の
エディットボックスに検索したい文字列を入れます。
ダイアログの下のほうにチェックボックスがあります。
・大文字と小文字を区別する。
・正規表現を使用する
・エスケープシーケンスを使用する
・単語のみを検索する
・文末まで検索したら、文頭に移動する
の項目で必要なものをチェックしてください。
「検索する」ボタンを押すと、検索を開始します。
「検索結果」のリストボックスに検索した結果を表示します。
リストには、その行の文字が表示され、選択すると
「行数」のところに行数を表示します。
「検索結果」のリストから必要ないものを選択して、
「結果から削除」ボタンを押して、リストから
削除してください。
「OK」ボタンを押すと、リストにある行にブックマークをつけます。

Finderプラグインの初期設定をFinder.iniに
書いておくと便利かもしれません。
Finder.iniは環境変数TMPの場所に置いてください。
環境変数TMPがない場合は"C:\Finder.ini"になります。

Finder.iniはテキストファイルで中身は以下のものです。
m_FindString=
m_bFindCase=FALSE
m_bFindRegExp=TRUE
m_bFindEscape=FALSE
m_bFindOnlyWord=FALSE
m_bFindAround=FALSE

m_FindString=の次に検索したい文字列を書きます。
大文字、小文字を区別する場合は、
m_bFindCase=の次TRUEと書きます。
そうでない場合はFALSEと書きます。
正規表現を使う場合は、
m_bFindRegExp=の次にTRUEと書きます。
使わない場合はFALSEと書きます。
エスケープシーケンスを使う場合は、
m_bFindEscape=の次にTRUEと書きます。
使わない場合はFALSEと書きます。
単語のみを検索する場合は、
m_bFindOnlyWord=の次にTRUEと書きます。
使わない場合はFALSEと書きます。
文末間で検索したら、文頭に移動したい場合は
m_bFindAround=の次にTRUEと書きます。
移動したくない場合はFALSEと書きます。

**** 開発環境 ****
日本語版 Windows2000 サービスパック4上で、
Visual C++ 6.0 サービスパック6を使って製作しました。
2ndさんの作成されたCreatePluginTemplate for VC++ Ver 1.02という
ツールを使用しました。


**** テスト環境 ****
環境は開発環境と同じで、シフトJISのファイルのみ
テストしました。


**** 問題点 ****
文字コードがシフトJISのファイルでのみ
テストをしました。それ以外の文字コードには
対応できているかわかりません。
Finder.zip
File Size65.3 KB
DateSeptember 22, 2006
Downloads1137
Version1.02
Authortomokun
LicenseFreeware
0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply