SplitBox プラグイン (32bit) 分割ボックス

SplitBox プラグイン (32bit) 分割ボックス , Version 1.2.0, splitbox3210200.zip (57.0 KB) - スクロールバーに、画面分割用の分割ボックスを取り付けるます。
それをドラッグしたりダブルクリックしたりして画面を分割できます。
Share with friends... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ScrollMargin プラグイン(32bit) スクロールマージン

ScrollMargin プラグイン(32bit) スクロールマージン , Version 1.3.0, scrollmargin3210300.zip (53.2 KB) - 編集領域の上下端にカーソルがあるとき少し先行してスクロールします。
規定ではマウスボタンを押してる時やダブルクリックの時は、スクロールしません。
(マウスで範囲選択をしている最中は先行スクロールしません。離したときにスクロールします。)

EmEditor 14.6.0で追加されたヘディングに対応。
フリーカーソルモード時、改行文字よりもかなり右の方でキャレットを動かすと、横スクロール位置がおかしくなることがあるので、ある程度対処。
Share with friends... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

BoxSelects プラグイン (32ビット) 箱型選択

BoxSelects プラグイン (32ビット) 箱型選択 , Version 1.1.0, boxselects3210100.zip (626.2 KB) - 箱型選択しながら、カーソルを移動させます。
Alt+Shift+カーソルキーのような操作で箱型選択を行うことを想定しています。
(実際にどのキーに割り当てるかはあなた次第です……)

EmEditor14.5でBoxSelLeftが、行末に漢字があったりすると動作しなくなったので、動くように修正。
Share with friends... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

CaretImeColor プラグイン(32bit) IME状態でカーソル色変更

CaretImeColor プラグイン(32bit) IME状態でカーソル色変更 , Version 1.2.0, caretimecolor3210200.zip (49.1 KB) - 日本語入力システムがOnかOffに応じて、カーソルの色を変更します。

更新内容
・アウトプットから非アクティブな文書へタグジャンプすると、キャレットが表示されないことがあったので修正。
・14.4.0から公式に色情報を取得できるようになり、それを使うようにしたので、今後、色情報が増えても自動で追従できると思われます。
Share with friends... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

FindAndCenter プラグイン (32ビット) 検索文字列の中央化

FindAndCenter プラグイン (32ビット) 検索文字列の中央化 by MTJ-K, Version 2.5.0, fandc250.zip (64.4 KB) - 「FindAndCenter」はEmEditorの検索動作を制御して、
検索で見つかった文字列が表示領域中央に位置するようにします。
設定により、水平位置は標準動作のまま、垂直位置のみ中央に位置するようにも出来ます。
INIファイルで稼働するポータブル版にも対応しています。

2014/03/04 Version 2.5.0
・開発環境をVisual C++ 2013に変更
(上記よりWindows2000のサポートを終了)
・検索ツールバーの[前を検索][次を検索][次を置換]を制御するよう修正
・検索ダイアログの[ブックマーク]を制御するよう対応
・EmEditor v14.3.0からの新機能「垂直スクロールバーのマーカー表示」が有効であっても垂直スクロールバーにマーカーが表示されなかったのを対応
・[文字列の中央化にゆとりを持たせない]を[中央化の位置制御にゆとりを持たせる]に変更し、初期設定では中央化にゆとりを持たせないよう仕様を変更
・[ダイアログの表示位置を復元しない]機能を廃止
・[ダイアログのサイズ変更を許可しない]機能を廃止
・その他、細かな修正
Share with friends... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Bookmarks plug-in (32-bit)

Bookmarks plug-in (32-bit) , Version 13, Bookmarks13x86.zip (38.5 KB) - Displays the list of bookmarks in a custom bar.
To use this plug-in, extract the archive, and copy the DLL file into the PlugIns folder (usually C:Program FilesEmEditorPlugIns).

カスタム バーにブックマーク一覧を表示します。
このプラグインを使用するには、アーカイブを解凍し、DLL ファイルを PlugIns フォルダにコピーしてください (通常、C:Program FilesEmEditorPlugIns)。
Share with friends... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Transparent プラグイン (32ビット) ウィンドウ半透明表示

Transparent プラグイン (32ビット) ウィンドウ半透明表示 , Version 1.0.0, transparent3210000.zip (43.4 KB) - EmEditorのウィンドウを半透明表示にします。
Share with friends... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

DocNavi プラグイン (32ビット) ドキュメントナビゲータ

DocNavi プラグイン (32ビット) ドキュメントナビゲータ , Version 1.2.0, docnavi3210200.zip (87.6 KB) - ○概要
(主にキーボード操作で)一覧を表示して編集する文書を切り替えます。
WindowsのAlt+Tabによるアプリケーション切り替え機能のようなものです。
タブ有効時に同一グループ(同一ウィンドウ)の文書が対象となります。
また、ショートカットキー割り当ては必須です。

○使い方
・文書の選択
Ctrl+TabかCtrl+Shift+Tabを押すと、Ctrlを押している間、文書一覧を表示します。
この状態で、キー操作で切り替え先の文書を選択し、Ctrlを離すかEnterキーを押すと選択された文書に切り替えます。
選択切り替えは、
Ctrl+Tab 次の文書
Ctrl+Shift+Tab 前の文書
Ctrl+カーソル下 次の文書
Ctrl+カーソル上 前の文書
などです。
マウスでも選べるかと思います。

・インクリメンタルサーチ
キーボードでファイル名を入力するとカーソル位置から最初に一致するものを選択します。
設定で、前方一致か部分一致かを選択できます。

○バージョン履歴
Version 1.2.0
相対パス表示できるようにした。
多量の文書を開いているときに一覧の挙動が見苦しかったので多少改善。
Share with friends... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

WordCount plug-in (32-bit) Displays the number of words

WordCount plug-in (32-bit) Displays the number of words by Emurasoft, Version 5.00, wordcount500x86.exe (136.3 KB) - This plug-in does NOT work on the newest version of EmEditor.

本プラグインは EmEditor 最新版では動作しません。

Displays the number of words in the selection.

The Word Complete plug-in is already installed on EmEditor Professional v6 or later, and so you don't need to install this file if you are using EmEditor Professional v6 or later.

On Windows Vista, 7 or later, instead of double-clicking the installer in Explorer, you will need to click the right mouse button on the file, andselect "Run as Administrator" in the context menu.
Share with friends... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Send Selected Text plug-in (32-bit)

Send Selected Text plug-in (32-bit) by Emurasoft, sendtextplugin32.zip (47.0 KB) - After selecting short text, selecting the Send Selected Text plug-in on the Plug-ins toolbar or menu brings up the Send To dialog box to select computers to send to. Selecting computers or setting the Send to All Computers check box will send the selected text to the specified computer(s). EmEditor must be installed on the destination computer(s), and the EmEditor tray icon must be running in order to receive text. When receiving text, a balloon tip will appear. Clicking the balloon tip or right-clicking on the tray icon and selecting the Show Last Message command will open a new EmEditor window with the received text. There is a limit in the length of text to send. Please note that on Windows 2000, a balloon tip will not appear on the tray icon, while on Windows 8, a Toast will appear.

To install, please unzip the file, and copy the DLL file to the PlugIns folder (usually C:Program FilesEmEditorPlugIns).

EmEditor Professional v12 (or v11.1.12 beta) or later needs to be installed in order to use this plug-in.

September 14, 2012: First version
Share with friends... Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone